フラットヘッドが民事再生法適用の申請を行ったとのことで話題になっています。
もう皆さんもご存じかと思います。
アメカジ「フラットヘッド」が民事再生法申請 負債額は親会社と合わせて16億円強」(参考サイト:WWDニュース)

そりゃあ話題にもなりますよ。
コアなファンを抱えるフラへですから、その経営も順調かと思っていた方も多いのではないでしょうか。

ボクのフラへへの印象といえば、品質が良品であること。なんせ、15年くらい前に買ったTシャツがまだ現役。伸びもせずヨレもせず。一着買えばしばらく買わなくていい。(そこら辺にも要因があるか?)

とにかく、そんな本物志向のブランドにボクの周りの方たちはゾッコンラブでした。
あるジーンズWebサイトの管理人が、「今度は、フラへのオンリーサイトにします!」と言い出したのは知る人ぞ知るですが。
「そんなにも愛されているブランドなんだなあ」というのがフラへへの認識です。

今回このようなニュースが流れ、
フラへを愛するファン、フラへで働いている方たち、とても不安かと思います。

民事再生ということで会社自体がなくなるわけではありません。
これからもフラットヘッドというブランドを存続していってもらいたいと思います。

こういう機会なので一意見を長所と短所にわけ述べさせていただきます。
長所は、品質の高さ、こだわりの高さ。シュッとした人によく似合う。
短所は、価格が高い。概ね「THE FLAT HEAD」というロゴが入っている。おなかが出たおじさんにも似合うものが欲しい。

もし、フラへ関係者の方がこれを見られていて「確かに」と思うところあれば、是非とも今後に活かしていただきたい。

これからもご活躍を応援しています。



スポンサーリンク