さて、裾上げ編です。

実際に店舗に持っていくのが手っ取り早いですが、今回はウエアハウスに郵送して裾上げしようと思います。
以下、ウエアハウスの郵送先や取り決めなど
ボトムスの裾上げ方法
弊社製品であれば裾上げを無料にてお受けしております。最寄りの直営店にお持ちいただくか、下記あてにご郵送ください。

ウエアハウスカンパニー
住所 : 〒541-0048 大阪市中央区瓦町4-6-10
電話番号 : 06−6206−7889

送料について
商品の送料はお客様にてご負担いただきます。裾上げ後の送料は当社が負担いたします。

郵送時の注意事項
※ジーンズの裾上げは、unionspecialのチェーンステッチです。

※仕上がり後の裾の位置は、現状の裾の位置から1cm以上短い位置でご指定下さい。

※折り返して安全ピンなどで止める、チャコペンで記す、メモなどを添えていただく等、方法は何でも結構です。

※生地が伸びた状態では作業が難しいため、必ず事前に洗濯して下さい。

※ウエアハウスカンパニー製品でないパンツの裾上げはいかなる場合もお断りいたします。

ウエアハウスオーダー ガイド
https://www.ware-house.co.jp/?mode=sk


以上の様にウエアハウスに送ると無料で裾上げしてもらえます。
裾上げ後の送料がウエアハウス持ちというのは良心的ですよね。


さてさて、長さを決めましょう。
セルフで長さを決めるとき、どうしてますか?

実際穿いて折り曲げるにも一人だとかがまなければいけなくて、ほんとにこの長さで合ってるのかなあ?なんて感じになります。

ボクはどうしているかといえば。

すでに穿いている似たシルエットのジーンズの股下を測って、その長さから裾上げしています。
足が短いのでここでは何センチとはいいませんがw
股下〇〇センチをメジャーで測ってクリップで止めます。
IMG_9670_R

長さを決めたら、後はウエアハウスへ郵送するだけ。念のため「裾上げ希望、住所、氏名、電話番号、股下何センチ」といったメモも入れておきましょう。

1週間もあれば戻ってきます。
IMG_9708_R

IMG_9717_R
見事にぴったり。

裾上げ後は、裾のうねりしわがなくなっているのでちょっと寂しい感じ。
以前は、裾だけ洗って、ドライヤーなんかでしわを出していましたが、最近は面倒なのでもっかい洗ってしまいます。
これで穿き出し準備完了です。

では、穿き込みましょう!


スポンサーリンク


スポンサーリンク