毎年恒例、七箇条。
心得と戒め。
ボクのこれまでのしくじりから生まれた後世へ伝えたい教訓。
おやじの説教ですw

hukubukurokokoroe

福袋を購入する上での心得 七箇条。

もう11月ですよ。
今年ももう2か月きってるんですよ。信じられますか?いえ信じられません。
福袋シーズンももうすぐです。楽しみですね。
でも、その前に心得を持っておかねば。

では。

1.福袋はリスクを負うからこそ楽しい
福袋はなぜこんなにも楽しいのでしょうか。それはリスクととなり合わせだから。
何が入っているかわからない。決して自分が気に入るモノが入っているわけでもない。福袋から出てきたものが愛用品になることなんて10中8,9ないものです。そんなリスクを冒しつつも福を追い求め、少しでも自分の嗜好にそったものが出現した際にはアドレナリン噴出の快感を味わえるのです。

2.福袋は余剰資金で楽しもう
そんなわけでカツカツの状態で福袋を買って、自分の嗜好に全く合わない。なんてことになったら、そのガッカリ感たるや想像を超えるものがあります。ボクも以前、某ブランドの福袋を小遣いギリギリで買って、帰りの電車の中でこっそり開けてみたところ、自分の趣味に全く合わないものが入っていた・・・刹那、目眩が襲ってきたものです。それはもう、降りる駅さえ逃しそうになるくらいの目眩・・・ショック・・・。福袋に本気になってはいけません。

3.福袋に普段使いの愛用品を求めてはいけない
福袋に愛用品を求めてはいけません。コダワリの強い人ならなおさらです。普段使いの愛用品は、そのモノ自体を愛でるからこそ普段使いになりえるのです。福袋でそこまでのモノを求めるのは無謀というようなものです。もし、愛用品になるようなモノが出てきたときには、その年は当たり年です。感謝感謝。

4.前年の情報を集めよう
福袋には傾向というものがあります。前年と比べガラッと傾向が変わるような袋はほとんどありません。
ということで、前年の中身の情報を集めるというのは重要なことです。受験でいう赤本のようなものでしょうか。

5.福袋販売における注意点
福袋販売において「!」のような感嘆符が連なっているものは個人的に好まないです。また、残り何個なんていう焦燥感を煽るような福袋は要注意!「神」とか「MEGA」とかついてたら、そりゃもうスルーですよ。冷静な心が大事です。

6.福袋はみんなと共有
福袋は1人で完結してはいけません。みんなと共有してこそ楽しいもの。
自分じゃ着れないけど、友達なら着れる。むしろ似合う。なんてこともあります。そういった時は交換するなりあげちゃうなりして、恩を売っておきましょう(笑)
また、われわれ消費者は団結しなければなりません。世の中には福袋と称した鬱袋もあります。福袋の中身の情報を交換し合い、鬱袋を根絶させましょう。福袋の明るい未来を切り開きましょう。

7.福袋のありがたみに感謝
福袋はかしこく選べばお得です。
電化製品、食べ物なんかはハズレなんてほぼないでしょう。ありがたいことです。
そこへいくと洋服の福袋はややリスキー。でも、その分値段的に爆発力があります。評判の良いお店、ブランドを選びましょう。そういったお店、ブランドで福袋が販売されるだけで感謝です。


ということで長々と書きました。
以上、福袋を買うにあたっての心得 7箇条です。

福袋は楽しんでなんぼ。楽しいからこそ福袋です!
では、今年も福袋戦線。楽しんでいきましょう!
熱くなったら負けですよ。


スポンサーリンク








スポンサーリンク