ジーンズマニアの方がこよなく愛する色落ちの一つ。それは裾のうねうね。

nama20140126 (1)

このうねうねをもっと出す方法があるんです!

と、言いたいところですがちょっと失敗・・・失敗も含めて、是非ご覧くださいませー。
ジーンズマニアの皆さんなら、裾のウネ状の色落ちをもっと出したいと思ったことがあるはず。

こすればすぐにでも色落ちしますから、ヤスリでもかければ速攻でうねうねがでるんですけど。しかし、それをやっちゃうと加工モノのレッテルが貼られる。
「うーん、それは嫌だ。」
という、ナチュラルなこだわり派のあなたへ贈る裏ワザです。

まあ、失敗したんですけどねー笑

それでは、そのダメな方法をご紹介いたします。


その方法とは

こすれれば色落ちする。
どこでこすれるのが色落ちが速いのか。それは洗濯機の中ではないでしょうか。

洗濯をするとき、裏返すことをボクは推奨しています。そうすると裾の表側が表へでないのでこすれません。
そこでこうやってはどうでしょう。

IMG_5039

こうしちゃいます!(右側の裾、参照)

ロールアップして安全ピンで固定。
このまま洗濯機へ投入すれば、他の洗濯物や自身、洗濯槽などとこすれてくれるわけです。つまり、色落ち促進効果がねらえるということです。

とまあ、アホなことを思いついて、何か月か実験してみました。

しかも、どっちをロールアップするか忘れないように、ご丁寧にも「オル」なんてマジックで書いています。

IMG_5037



数か月後・・・

IMG_5718

いかがでしょうか。いわれてみればちょっとウネが強い気がしませんか?(右側の裾)

わーい、実験成功ー!

なんて、思ってたんですが、よくよく見てみるとですね。
BlogPaint

折りジワの色落ちがくっきりついていた!

もちろん、折りジワの色落ちは想定していたので、安全ピンでとめる位置は毎回変えていたんです。しかし、それでも甘かった!


ということで、この方法は非推奨!
皆さんがこの方法をもし思いついたとしても(こんなアホな事思いつかないか・・・)やめといたほうがいいですよ。という警鐘ということとして受け止めてください。ははは…


スポンサーリンク