夏ですね。暑い。
夏はダウンジャケットを洗濯する季節です。

・・・ボクだけでしょうけど。
シーズンオフ直後だとまだ着るかもしれない。という理由と、夏は水遊び感覚で洗濯できる。という理由から。

そんな遊び感覚だからシミができてしまうのか?^^;

シミ。これが今回の本題です。

ダウンジャケットを自宅で洗濯

ダウンジャケットを自宅で洗濯するのは難しいことではありません。
でも、専用の洗剤を使用した方がいいでしょう。
ボクはニクワックスのテックウォッシュを使っています。




普通の洗剤だとダウンのロフトが戻らなくなってしまいます。


さて、今回問題とするシミはテックウォッシュのシミではなく、一緒に使った撥水剤の方によるものなんですよね。ニクワックスのダウンプルーフ




でもこれ自体が悪いモノではなく、ボクの使い方が悪かったんですよね〜。
ダウンプルーフの説明書きにもこうあります。
ニクワックスの主成分(白色)が表面に残ったまま乾かすと、そのまま色むらに仕上がります。余分な主成分をふき取ってから乾かしてください。

ボクの場合は、生地に原液をこぼしたまま1時間ほど放置してしまったんですよ^^;
となればシミになるのも当然。

どんなシミになったか?を写真撮っておけばよかったんですが、なんと撮らなかった・・・ブロガー失格・・・(´д`;)

イメージだけでも。ということで描いてみました。
simi
こんな感じです。うーん、伝わるかなー。

このシミがとれないとれない。超頑固。
ニクワックスの会社にもメールとかして質問しましたが、最終的には街のドライクリーニングできれいさっぱり落ちました。
写真 2017-07-11 11 44 23_R
これこのとおり^^
ああすっきり!

ということで、同じお悩みを持っている方へ。
「ニクワックス ダウンプルーフによるシミにはドライクリーニングが効果的!」
ということをお知らせいたします。

もちろん、ダウンジャケットがドライクリーニングに対応しているかはチェックしてからにしてくださいね!



スポンサーリンク